FC2ブログ
重粒子線療法。
「ジュウリュウシセン?
なんですか?それは・・・」


Yさんは私に尋ねました。



くわしくはコチラ
ご覧になっていただきたいのですが、
ポイントをまとめると


・新しい放射線によるがん治療

・従来の放射線より治癒効果が高い

・がんを立体的に捉えて的確に叩くことが可能

・正常組織の損傷が少なく、副作用が極小

・世界に千葉、兵庫、群馬、鹿児島、ドイツのダルムシュタットの5箇所でのみ実施



といったところでしょうか。


私は千葉の放医研(上記リンク参照)に
見学に行ったことがあるのですが
まぁとんでもなく大きな施設でした。

専門病院も併設されており
そこに入院している患者さんは
全て重粒子線療法をしている患者さんばかりです。


新しい放射線と書きましたが
根本的に別物と思って頂いた方が
いいかもしれません。



従来の放射線は
X(エックス)線やγ(ガンマ)線のことを指しますが、
重粒子線は炭素線です。
専門的な話はできませんが
がん組織に与えるダメージが圧倒的に炭素線は多いのです。


また、放射線は
がん以外の部分にも
ダメージを与えてしまうため
正常細胞を
損傷させてしまうのは避けられません。
がん細胞への
集中度が悪いのです。

更に、低酸素腫瘍細胞(進行したがん細胞や再発がん細胞)には
効果が低いとも言われています。


一方、重粒子線は
がん細胞への集中度が高く
(がん細胞だけを狙って照射することができるということ)、
エネルギーが強いため、
同じ場所の再発率が
きわめて低い
し、
エネルギーが強い=致死効果が強いため、
低酸素腫瘍細胞にも有効なのです。


ただ、すべてのがんに対して
有効な治療法なのかといえば
答えはNoです。


・白血病など、全身に広がっているがん

・胃がん、大腸がんなど、蠕動(ぜんどう)運動を
伴う臓器の疾患

・乳がんなど、すでに他の良好な治療法が確立しているがん

・全身に転移ししまったがん

以上のがんには不向きです。


あと、気をつけなければならないのは

一度放射線を照射した部位に
重ねて重粒子線を照射することはできない
ということです。

手術した後、
目に見えないで取り残してしまったがんを叩くため
放射線治療をする場合が多いですが
それをすると
もう重粒子線治療はできない
ということなのです。

がん治療は
オンリーワンチャンス

私が言った理由はそこにあります。


まずは重粒子線療法を試すのが先決です。


Yさんのがんは原発性
(転移したがんではないということ)
で、かつ最近臨床試験が終わって
対象部位となった、すい臓がんでしたので
私はYさんに
セカンドオピニオンを受けること、
そして、主治医の先生に
兵庫県にある
兵庫県粒子線医療センター」へ
紹介状を書いてもらうように
アドバイスしました。



Yさんはうなづき、
次回の検診の時に
主治医の先生に今回の件を
お話されるそうです。




ペタしてね


ランキングに参加しています。
下の各バナーorテキストを
ポチっとされると喜びます!(^^)!(1日1回で十分です)

にほんブログ村 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ

ツイッターやってます!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

良かったらフォロー
お願いします。私も必ずフォローします!




ありがとうございます!また是非覗きに来てくださいね(^◇^)/








スポンサーサイト



[2010/07/23 22:41] | 最先端医療 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<サービスで付けといてや! | ホーム | がんに立ち向かうために。>>
コメント
…難しい(泣)
[2010/07/24 23:13] URL | aya #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
>ayaさん
専門的なことはわからなくてもいいので、がんの時は、最初のお医者さんの診断で手術することを決めないってことを覚えておいてください!
[2010/07/25 16:12] URL | 藤原良@あなたとあなたの大切な人の命と財産を守る金融建築家 #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fpfujiyan.blog.fc2.com/tb.php/76-86acad78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |