スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
命を守るということ。
今日は夕方から
ある人に
医療情報をお伝えしてきました。


私は保険専門のFPですが
要望があった場合に
良い病院や良い治療法などの
医療情報を提供しています(もちろん無料です)。


そのある方(ここではYさんとします)は
先日、市内の病院で
すい臓がんと診断され
8月に手術を控えていました。


私はYさんとは直接の知り合いでは
なかったのですが
ある異業種交流会で知り合った
Yさんと同じ会社のMさんから

「Yさんがすい臓がんで
手術するらしいねんけど
なんかいい情報ない?」

と、聞かれたので
直接お会いして
お話させていただくことになりました。



(以降は、私がプライベートで
参加している医療情報の勉強会で
得た知識をもとに述べています。
違った考え方も当然あると
思いますので、あくまで私の意見・情報
としてお読みください)


まず、Yさん含め、
がんの進行を心配して
早く今のお医者が薦めるように
手術をした方がよいのではないかという
質問には、私は

「そのがんは昨日今日で
出来たモノじゃないです。
ずっと前からあったんです。」

と、お話します。


だから最初に行った病院の
医師の薦めるがままに
すぐに手術という決断をするのは
かえって命を縮めることになります。


要は

「まず手術(切る)ありき」

ではないということなんですね。

少し過激な言い回しになりますが
たとえ手術以外に治す方法があったとしても
お医者さんは手術をしたがります。
(理由は個別相談時にお話しています。
メールでもお答えしていますのでコチラから。
ここでは控えておきます)


疑ってかかれと
言っているわけではありません。

まずは手術以外の選択肢があると
頭の片隅にでも入れておいてほしいんです。


症状、進行具合によっては
本当に手術しか残された道は
ないのかもしれません。


でも、最初に行った病院で手術をする必要はありませんよね。

今、日本には26万人のお医者さんがいると
言われていますが
その中で、どの病院の、どの先生が
自分の症状に合った、
そして納得のいく治療をしてくれるのか。

少なくとも
最初の病院は
よほど事前情報を得てから
行ったのでないかぎり
その確率は
限りなくゼロに近いと思いませんか?


なのに
最初の病院ですぐに手術を決断してしまう。。。


「もっと命を大切に!!」


Yさんにもそう言いました。
一つしかない命です。
特にがん治療はオンリーワンチャンスです。


とにもかくにも
セカンドオピニオン(他の医者の意見を聞くこと)は
絶対に必要です。

命を守るために大切な
はじめの一歩です。


私は、Yさんに
情報の一つとして

「重粒子線治療」

をご案内しました。



続く。





ペタしてね


ランキングに参加しています。
下の各バナーorテキストを
ポチっとされると喜びます!(^^)!(1日1回で十分です)

にほんブログ村 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ

ツイッターやってます!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

良かったらフォロー
お願いします。私も必ずフォローします!




ありがとうございます!また是非覗きに来てくださいね(^◇^)/




スポンサーサイト
[2010/07/21 23:33] | 最先端医療 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<がんに立ち向かうために。 | ホーム | バドミントン。>>
コメント
最近ようやく耳にするようになった言葉だなと思いますが、まだまだ実践している人は少ないんでしょうね。
私も幸いにして、まだ大きな病気をしたことがないですが、そういえば、昔よく、いつもと違う症状があったときには、いくつかの病院に母に連れていかれたことを覚えています。
母は心配性なので、昔からセカンドオピニオンをいっぱいしていたんだなと今思いました。
素人なので、つい目の前の先生がおっしゃることを鵜呑みにしてしまいますが、後悔しないためにも、セカンドオピニンオンは重要ですね。
[2010/07/22 17:07] URL | mikko #79D/WHSg [ 編集 ] | page top


私もセカンドオピニオンは必要だと思いますし、

病気について自分で調べる必要もあると思います。


ただ、その方の立場になった時

自分の身体の中に癌があるとわかった時点で

冷静な判断がつかないと思いますし、

お医者さんにすがるのは理解出来ます。


大きな病院に行ったとしても
腕を試したいインターンの実験台にされる場合もあります。


医者を選ぶのは自分。


良く話し合われて医師の内面や考え方、病院の施設や方針等

自分で納得の行く病院選びをおすすめします。


今は急変しないといいなと祈っています。
[2010/07/22 20:30] URL | 奈津美 #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
>mikkoさん
そうです!そうなんですよ。自分や自分の大切な人が、命に関わる病気になった時、納得いく医者の意見を聞くまで諦めないことが大事なんです。
でも、現代日本のがん難民と言われる方々が一向に減らないのは、医者への不信感などからひたすら病院を渡り歩く、いわゆるドクターショッピング状態になってしまっているからなんですよね。それを回避し、信頼できる病院・医者に早くたどり着くために信憑性のある医療情報は欠かせないと思います。貴重なコメントありがとうございました。
[2010/07/24 09:23] URL | 藤原良@あなたとあなたの大切な人の命と財産を守る金融建築家 #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
>奈津美さん
いつもコメントありがとうございます。
どうやら週明けにも主治医に紹介状をお願いしに行かれるみたいです。
納得できる医者選び・・・、大病になってしまった当の本人は奈津美さんのいうとおり、冷静な判断はできません。だからこそ周りの家族や友人が情報武装をして、支えていってあげないといけませんね。
患者力はこれからの時代欠かせない要素になってくると思います。
[2010/07/24 09:31] URL | 藤原良@あなたとあなたの大切な人の命と財産を守る金融建築家 #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fpfujiyan.blog.fc2.com/tb.php/74-e328523b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。