FC2ブログ
ある女性教師と子供の出会い。
毎日配信してもらっている
メルマガで、とても感動したエピソードを
ご紹介します。




--------------------
感動というのは、
こんな話なのか、参りました。
心が感じ、そして即、心が動く話を紹介します。

元有名塾講師で、
あるベンチャー企業の社長K氏のDVD
「目からウロコの子育て成功法」から

「ある女性教師と子供の出会い」

先生が小学五年生の担任になった時、
どうしても好きになれない児童がひとりいた。

その少年は、
一人服装が不潔でだらしなかった。
中間記録に先生は
少年の悪いところばかりを記入するようになっていた。

あるとき、
少年の一年生の記録が目にとまったのである。


一年生・・朗らかで、友達が好きで、
人にも親切。勉強も良く出来、将来が楽しみ。

間違いだ。
他の子の記録に違いない。先生はそう思った。


二年生・・母親が病気で世話をしなければならず、
学校に遅刻する。


三年生(一学期)・・母親の病気が悪くなり
疲れていて教室で居眠りをする


三年生(三学期)・・母親が死亡。
希望を失い、悲しんでいる。


四年生・・父は生きる意欲を失い、
アルコール依存症となり、子供に暴力を振るう。


先生の胸に激しい痛みが走った。
ダメと決め付けていた子が突然、
悲しみを生き抜いている生身の人間として、
自分の前に立ち現れてきたのだ。


放課後、先生は少年に声をかけた。

「先生は夕方まで教室で仕事をするから、
あなたも勉強していかない?
分からないところは教えてあげるから」


少年は初めて笑顔をみせた。

それから毎日少年は
教室の自分の机で予習復習を熱心に続けた。

授業で少年が初めて手を挙げたとき、
先生に大きな喜びが沸き起こった。
少年は自信を持ち始めていた。



それはクリスマスの午後だった。


少年が小さな包みを
先生の胸に押付けてきた。
後で開けてみると、香水の瓶だった。

亡くなったお母さんが使っていた物にちがいない。

先生はその一滴をつけ、
夕暮れに少年の家を訪れた。

雑然とした部屋で独り本を読んでいた。


少年は、気がつくと飛んできて、
先生の胸に顔を埋めて叫んだ。

「ああ、お母さんの匂い!
今日はなんて素敵なクリスマスなんだ。」


六年生で少年の担任ではなくなった。


卒業の時、先生に少年から一枚のカードが届いた。

「先生は僕のお母さんのようです。
そして今まで出会った中で一番素晴らしい先生でした。」



それから六年、またカードが届いた。

「明日は高校の卒業式です。
僕は五年生で先生に担任してもらって、
とても幸せでした。おかげで奨学金をもらって、
医学部に進学することができます。」



十年経って、またカードがきた。


そこには先生に出会えた事への感謝と
父親に叩かれた経験があるから、
患者の痛みが分かる医者になれると記され、
こう締めくくられていた。


「僕はよく五年生のときの先生を思い出します。
あのまま駄目になってしまう僕を
救ってくださった先生を神様のように感じます。
医者になった僕にとって、
最高の先生は五年生の時に担任して下さった先生です」



そして一年。届いたカードは結婚式の招待状だった。



カードには「母の席に座って下さい」と一行、書き添えられていました・・
--------------------


転載しながらまたホロっときてしまいました。


ペタしてね



ランキングに参加しています。
下の各バナーorテキストを
ポチっとされると喜びます!(^^)!(1日1回で十分です)

にほんブログ村 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ

ツイッターやってます!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

良かったらフォロー
お願いします。私も必ずフォローします!




ありがとうございます!また是非覗きに来てくださいね(^◇^)/


スポンサーサイト



[2010/07/19 23:58] | これは言わせて! | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
<<バドミントン。 | ホーム | 日本アリの天国からの独り言。>>
コメント
良いお話ですね
私も似たような経験(先生側の立場で)があるので、人を外見やちょっとした言動だけで、決めつける事は絶対しません。
姪っ子の授業参観の時も、似たような光景を見て、教える側の感動を先生を通して味わった事があります

毎日生きていく何気ない日常にも、感動の種って沢山落ちてますよね、ただ感動している時間がないのかも、今は忙しくて...

感動してるだけじゃ生きていけないので、私はもっと地に足をつけて生きていかないとな~と思う三十路半ばでした...笑
[2010/07/20 11:38] URL | ゆーゆー #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
いいお話だね☆
[2010/07/20 12:47] URL | aya #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
ステキなお話ありがとうございます。
この少年も、本当に芯の強い子というか、2年生以降のツライ時期をよく我慢してたなって思います。
ステキな先生にめぐり合えてよかったですよね。

学校の先生って、とっても大事な存在だと思います。私もいまだに、先生方のことは忘れませんし、先生の言葉とか教えとか、けっこう自分自身にしみついていたりします。

外見だけで判断するのは、一番手っ取り早くて、ついそうしてしまいがちですが、なぜそうなってしまっているのか、一歩踏み込んでみたり、考えたりすることって大切ですよね。
[2010/07/20 15:36] URL | mikko #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
おお!

こういう話弱いから泣けてくる…><

すごいいい話ですねo(^-^)o
[2010/07/21 00:26] URL | 【楓】にっし~ #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
>【楓】にっし~さん
「あなたのおかげで~」といわれると凄い嬉しいし、もっと頑張れるよね。
あぁ、また読み返したらウルッときたw
[2010/07/21 00:56] URL | 「得する!」保険で賢く貯金@金融建築家◆藤原良 #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
>mikkoさん
コメントありがとうございます(^^)
mikkoさんの言うとおり、良くも悪くも学校の先生は忘れないですね。今の自分の人間形成に少なからず影響を与えているのは間違いないです。
人に影響を与え、人を動かすことができる先生は、やっぱりこの話に出てくる先生のように人の本質を見て、人間としての在り方を説くことができるんしょうね。
普段の人間関係にも使えるっていうと語弊があるかもしれないけど、たびたび読み返したいお話です(^^)
[2010/07/21 01:04] URL | 「得する!」保険で賢く貯金@金融建築家◆藤原良 #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
>ayaさん
是非今の学校の先生にも読んでもらいたいよね。
[2010/07/21 01:06] URL | 「得する!」保険で賢く貯金@金融建築家◆藤原良 #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
>ゆーゆーさん
ゆーゆーさんは教職に就かれていたんですね。人は見かけで判断できないし、もし判断してしまったらその人の方が不幸だと思います。
表面的で薄っぺらい人生なんてつまらないですよね。
自分の息子にもこの話を教訓に、深く友達と付き合っていくように育てたいと思いました。もちろんこれからの自分もそうです。

明石家さんまの言葉じゃないですけど「生きてるだけでまるもうけ」を地でいけば、何事にも感謝感動できるのかもしれません。

人のオーラってそういう姿勢から出てくるんだろうなと思ったもうすぐ32の男でしたw
[2010/07/21 01:22] URL | 「得する!」保険で賢く貯金@金融建築家◆藤原良 #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
>「得する!」保険で賢く貯金@金融建築家◆藤原良さん
書き方悪くって、ゴメンナサイ!!
教職にはついていなくって、この話の中でいうと、先生側の立場って意味でした(^▽^;)
同じクラスに居た子、似たような感じで皆から嫌われたりしていた子....
人間って、そうなるに至る理由がありますよね、だいたい....
自分をよく知ると、他人の事、他人と思えなくなるというか...
オーラかぁ...
今は育児オーラ満開なのかしら....笑
[2010/07/21 11:18] URL | ゆーゆー #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
>ゆーゆーさん
いえいえ!わざわざありがとうございますo(^-^)o
そうですよね、表面的だけでなく、なぜこの子はこうなったのかを考えながら接することを意識するのが大事ですよね!

育児オーラかあ。。。きっとゆーゆーさんは「子供好き」オーラは出てると思いますよ(^_-)-☆
[2010/07/22 08:08] URL | 「得する!」保険で賢く貯金@金融建築家◆藤原良 #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fpfujiyan.blog.fc2.com/tb.php/72-5093799c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |