スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
FP藤原的これからのガン保険。


●FP藤原的これからのガン保険。

こんにちは!

ファイナンシャルプランナーの藤原です^^

みなさんはガン保険に入っていますか?

現代は2人に1人がガンに罹り、3人に1人がガンで亡くなる時代です。

そしてガンの治療費も他の疾病に比べると、かなりの高額になるのはご存知の方も多いはず。

だからガン保険のニーズは高まっては来ているのですが、「ガンになったらお金がかかりそうだから・・・」「入っておいた方がいいって言われたから・・・」などの結構曖昧な感じで「とりあえず」入っている人が多いんですよ。

ガン保険に限らず、生命保険や損害保険も、入る際にはキチンとした目的を持って入りましょう!

昨今の医療事情は、診療報酬体系の見直しにより、入院日数が短期化している傾向が顕著です。

要は、長く入院させても病院側に収益が入らない仕組みになってきているんですね。

自宅療養が可能である、今後入院を続けても回復の見込みがない、などの理由で退院を促し、新しい患者さんを受け入れた方が病院の経営上プラスになります。

でも患者さんにとってはどうでしょう?

とあるガン専門病院で、

「入院させてくれ!入院しないと保険(民間の医療保険の入院給付金のこと)が出ないんです・・・」

と受付に迫る患者さんをみました。この患者さんはどうやら通院治療を勧められたようでした。

入院給付金は、字の通り「入院しないとお金がもらえない」です。

だから、入院しないと保険に入っている意味がないんですね。

保険に加入する目的は、「困った時に十分なお金が出る」こと。

困った時=ガンにかかった時に、入院しないとお金が出ない保険だと、これからの医療&病院事情に対応できません。

大事なのはガン(悪性新生物)と診断されたら、まとまったお金が入院しなくてももらえるようにしておくこと。そして、通院がかさんでも、その度にお金がもらえるようにしておくこと。

さらには、最先端の医療技術のうち、健康保険適用外の高額な先進医療と呼ばれる治療を受けた時に、お金の心配をしないようにしておくこと(先進医療特約を付けるなど)。

もう「入院1日いくら」というガン保険は時代遅れです。

治療費だけでなく、ガンと共存し楽しい人生を送る為のまとまったお金を準備できるガン保険を選びましょう^^

大阪・兵庫にお住まいの方限定で、賢くガン保険に入る為の基礎講座を実施しています。ご興味ある方はコチラからお問い合わせくださいね。

今日はここまでです。


最後までお読みくださりありがとうございました。


ファイナンシャルプランナーの藤原でした。







NO1にほんブログ村のランキングで1位を目指してます!

ポチっと応援していただけると、とっても嬉しいです!
保険がテーマのブログがたくさん見れますので、チェックだけでもしてみてくださいねクリック

にほんブログ村
 
NO1人気ブログランキングにも参加しています!!コチラもポチっと応援いただけると、かなり嬉しいです。
 他の著名なFPのブログも見れますので、是非チェックしてみてくださいクリック
 
 ファイナンシャルプランニング ブログランキングへ


スポンサーサイト
[2012/08/10 23:02] | 医療保険 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<同窓会第一弾! | ホーム | 「お金のクリニック」のご感想をいただきました。>>
コメント
 保険会社はカン保険の特約に入れることは熱心だけど、内容の説明はしないまま、けいやくさせることが、多々あるよね。
 入院したら1日いくらもらえるとは言っても、通院ならもらえないということは、まず言わない。
 そして、契約すると言ってから、おざなりで、重要事項の説明をするけど、それも、小さい字で書かれた文章を読むだけ。しかも、儀式を終えたら、署名捺印はさせて、説明はしましたと言えるようにはしている。
 そして、いざとなった時に、もらえないと、ここに書いてあると、細かい字で書かれた約款を持ち出してきて、しかも、十分な説明は受けたという署名捺印まで持ち出すのが常套手段だよね。
 そうなってくると、保険会社の言いなりにならないためにも、保険の知識は必要になってくるけど、それを教える人があまりにも少ないのが現状だよね。
 その保険の講義をできる数少ない逸材の藤原kunには、是非とも、各地で市民講座もしてもらわなくっちゃね。
[2012/08/12 10:31] URL | NOBURIN #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
いつもコメントありがとうございます^^

うーん、業界の説明不足はほんと悩ましいところではありますね。

これからきちんと説明できる人間を増やしていくためにも、まずは業界の姿勢を変革して行く必要があるとも感じています。

まぁ、結局は自分にできることをコツコツやっていくしかないんですけどね(^^;;
[2012/08/18 02:02] URL | ◆明石のFP藤原@家計を見直しお金を生み出す金融建築家 #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fpfujiyan.blog.fc2.com/tb.php/661-48f1c2dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。