FC2ブログ
サムライブルー、ありがとう!!
感動をありがとう。

みなさん今日は寝不足だったんじゃないでしょうかはてなマークにひひ

本日お伺いした
西宮の古澤社労士事務所
古澤克彦先生(ブログはブックマークしてます)も
寝不足だということでしたが
快くご面談いただき感謝しております。

面談時間が1時間以上になってしまいましたが
楽しく、非常に有意義な時間を
過ごすことができましたアップ
ありがとうございます!!

今日のテーマは
サムライブルーに譲りますが
詳細は後日アップしようと思いますニコニコ

さて、昨日のパラグアイ戦。
視聴率が60%に上る勢いだったそうで
当初の代表人気離れから
考えると
「勝てば官軍」
の感は否めませんが
コア、にわかファン含め
日本を熱くしてくれたことは事実。

サムライブルー
サッカー胸を張って帰ってきてくださいニコニコ

ただコアなサッカーファンであり
見るプロを自認する私としては
4年後さらなる高みを目指してもらいたい。

そのために私なりのニッポン代表の課題を
考えてみました得意げ

(少し専門用語が
出てくるかもしれませんが
ご容赦ください)

1つ目。

プレッシングサッカーをあきらめ
超守備的布陣で臨み
結果的に功を奏したのはいいのですが
パラグアイのように
同じような戦術・システムを敷いてくるチームには
苦戦は必至です。

ただ相手も点を取らないと
勝てないわけですから
チャンスは
相手が点を取りに来た
「前がかりになった時」
です。

そのためには
超守備的布陣最大にして唯一の矛

「スーパーカウンターアタック」

の精度をもっと高めていかないといけません。

イングランド対ドイツの試合の
ドイツの4点目(だったと思うのですが)は
最終ラインで奪ったボールを
大きく左サイドの前線にフィード。
カーブがかかったそのボールは
左サイドを走っていたエジルの足元に。

ボールの勢いそのままに
エジルはペナルティエリアに侵入し
軽く横パス。

それをミュラーが確実に決めました。

このキレッキレの美しすぎるカウンターこそ
超守備的布陣で臨むチームには必要な矛です。

スーパーカウンターアタックの始まりである
最終ラインから前線へのフィードの精度。

日本代表はまだこの精度が高くありません。

ショートパスの精度ももちろんですが
ロングパスの精度ももっと磨いていく必要が
あると思います。

2つ目。

「サイドにおけるドリブル力の強化」だと思います。

メッシのようなとんでもないストライカーがいれば
話は別ですが
プレッシャーやマークを前後左右から受けるため
なかなか突破してシュートまでいきません。

ましてや中央は
チームで一番フィジカルの強い
屈強なセンターバックがでんと構えています。

一方
サイドはプレッシャーを受けるのが
片側からだけなので
負担は半分になりますよね。
サイドバックの
1対1の強さも
センターバックのプレイヤーほどではないのが普通です。

敵陣サイドのバイタルエリア付近で
ドリブル勝負を仕掛け
これに勝つことができれば
一気に前線に視界が広がります。

そしてマイナスのセンタリングを
上げることができれば
屈強なセンターバックも
正面から一瞬以上サイドに
目を向けなければいけないため
センターフォワードにマークを外すチャンスが生まれます。

正面突破するより
よほど得点の可能性が上がるのではないでしょうか。


問題は
日本にはドリブラーが少ないこと。
今の日本代表には
ドリブルに自信があって
勝負を仕掛けることができるのは
松井大輔くらいではないでしょうか?
世界で松井大輔が認められているのは
10回勝負を仕掛ければ3回くらいは勝てるから。
7回はボールを奪われますが
危険なエリアで奪われるわけではないので
致命的ミスではなく
「3回の成功に至るための布石」
と理解できます。

パラグアイ戦の後半
全く得点が取れそうにない気配がしたのは
松井大輔がいなくなったから。

ハーフウェーライン少し前くらいから
ゆるいボールを
プラス角度で放り込んでも
世界レベルのセンターバックは
余裕で跳ね返します。

キャプテン翼の影響か
日本にはミッドフィールダーに
司令塔タイプばかり。

サイドを颯爽と駆け上がり
どんどんドリブルで勝負を仕掛けようとする
ドリブラーを
もっと養成していってほしいと思います。



偉そうなことを書き綴りましたが
日本サッカーの将来に期待している表れだと思ってください。

観るものを魅了し、感動させるサッカーサッカー

いやぁ、サッカーって
ホントに面白いですねニコニコ
スポンサーサイト



[2010/06/30 23:07] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<草野球サテライトリーグ第2戦。 | ホーム | 初バドミントン。>>
コメント
おお!
サッカー詳しいんですね^^

守ってばかりじゃ点はいらないので

どんどん攻めてほしいですねo(^-^)o
[2010/07/01 21:12] URL | 【楓】にっし~ #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
>【楓】にっし~さん
ありがとうございます(゚▽゚)/自称「観るプロ」ですから!
[2010/07/12 16:26] URL | 「得する!」保険で賢く貯金@金融建築家◆藤原良 #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fpfujiyan.blog.fc2.com/tb.php/54-be2f9dca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |