スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
日本の銀行金利が上がらない理由①
●日本の銀行金利が上がらない理由①



こんにちは。ファイナンシャルプランナーの藤原です



最近またガソリンの値段が上がってきましたね

なんだか数年前のようです。



今はこの状況がずっと続くとは思いませんが、20年後30年後、インフレがじわじわ進行した場合の対策は、今からしていく必要はありますよー。




でも、こんな質問を受けることもあります。


 「インフレが起こっても、それと同じくらい日本の金利が高くなれば、大丈夫でしょ。」


確かにそのとおりです。インフレと同じ感じで銀行金利も上がれば全く問題ありません



ところが、日本の金利ってかなり上がりにくい状況になっているんです



その大前提として、日本には900兆円を超す借金(国債)があることが挙げられます。



ではなぜ国に借金があると金利が上がりにくいのか、理由は2つあります。



まず今日はその1つ目をお話しします。


日本の借金(国債)は毎年のように増え続けているのは、ニュースでもよく問題として採り上げられていますよね。



借金は返すのが当たり前。それは国とて同じことです。



毎年毎年、借りた分を返済しているのですが、金利が上がってしまうとこの借金の返済も増えてしまいます


2010年の日本の新規発行国債は、50兆円。借換債130兆円と合わせると180兆円にのぼりました。



仮にインフレが1%で進行していたとして、それに負けないように日本銀行が政策金利を1%上げたとすると、その180兆円の国債の金利負担も1%増えてしまいます。


180兆円の1%、1.8兆円が新たな金利負担として国にのしかかってくるわけです。




ただでさえ毎年赤字でてんてこまいの日本政府が、わざわざ新たな金利負担を強いられるような施策を打ち出すとは思えません。




これが日本が金利を上げられない(上げない)理由の1つ目です。


2つ目はまた今度。


今日はここまでです


それではまた


最後までお読み下さりありがとうございました


つづく


勉強会のご予約・その他ご相談はコチラからお願いします


ランキングに参加しています!!お手数ですが、ポチっと応援いただけると大変嬉しいです。
 
ファイナンシャルプランニング ブログランキングへ
 
 
笑顔いっぱいの人生をあなたと共に
明石のファイナンシャルプランナー・藤原良
◆自宅事務所:〒673-0044 兵庫県明石市藤江326-1-206
◆℡:090-5063-5890  fax:078-891-6877
Facebookもやってます
具体的なご相談方法を掲載しました
お客様の声、随時更新・追加中(3月7日更新!!)です
『幸せ貯金講座』を、初めからご覧になりたい方はコチラ
お金に強くなる!!貯金と保険の個別勉強会の詳細はコチラ
ブロガーさんに勝手に会おう!選手権(2月12日更新!)開催中

スポンサーサイト
[2012/03/08 21:41] | 金融・保険全般 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<日本の銀行金利が上がらない理由② | ホーム | お客様の声「何でも聞ける、話しやすい雰囲気なので得した気分になれます♪♪」(明石市N様・20代)>>
コメント
難しいことを夜分遅くにブログアップしてますなぁ。
同じ大学で勉強していたとは思えません。
(オレがしょぼいだけやけど。。。)

分かり易かったです。

でも、どないしたら日本の借金は返せるん???

なんか日本の将来は明るくないような気がするのは、オレだけ???

全く関係ないけど、またフットサルしよなぁ。
[2012/03/10 01:05] URL | Wicked Soul #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
今の時代って、昭和初期の状況と類似している感じがするよ。
昭和初期の頃って、世界恐慌の影響で貧困にあえいでいる人が多い一方で、政治家の腐敗が進んで、政党政治が息詰まった。
そんな中で2.26事件がおきて、政党政治が終焉、軍国主義になって太平洋戦争→敗戦となって、物資不足、激しいインフレになったよね。
こんなときって、独裁者が出やすい環境だよね。ドイツなんかでナチスが力を伸ばして、ヒトラーの独裁政権が誕生したのがその例。
実は、そんな状況を憂慮しているんだ。
某府知事から某市長になった市長…。職員の思想調査にもなりかねないアンケートをしたり、当時の現職市長を応援した人を告発したりしている。まあ、さすがにアンケートは封印したし、公職選挙法違反だったから、問題ないようにも思えるけど、憂慮しているのが、職員に向けられていた統制の矛先が次は国民に向けられる危険がないとは言えないこと。その兆候として引っ掛かるのが日の丸、君が代の義務化。
独裁政権ができるとこれはもう、インフレどころの話じゃなくなるからね。
北朝鮮なんかを見ていてもそれはよく分かるしね。
この国の指導者を選ぶことを間違えないことはインフレ対策以上に重要なことだよね。
ヒトラーも、政権を握ったときは、国民から選ばれた訳だしね。
[2012/03/10 05:23] URL | NOBURIN #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
コメントありがとう。

いやいや、学生のころはバイト三昧で、金融なんて全く(笑)

今ご縁があってこの仕事をさせてもらっているから、得意分野なのは当たり前よー。

で、日本の借金がどうしたら返せるか。

それについては専門でないのでいい加減なことは言えないや。

だけど、日本がどう借金を返せるかよりも、自分が今できる対策にスポットを当てた方がより建設的だよね。

そういう話ならいつでもしまっせ。

フットサルした後とかでもいいし、また勉強会開きましょ。
[2012/03/11 12:18] URL | ◆明石のFP藤原@貯金と保険をリフォームする金融建築家 #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
いつもコメントありがとうございます。

今思うと、高橋是清が2.26で死ななかったら、日本ってまた違う形の国になっていたんだと思います。それが今よりいい国か悪い国かは別として。

誤解があっては困るのですが、現在の日本にはやはり強烈なリーダーシップを採れる人間が必要なのは間違いないかと思うんです。藤原個人的には。

でも、その人が独裁かそうでないかを判断する目が現代の日本人にはない。これは藤原も含めてなんですけど(~_~;)

だから難しいし、怖いんですよね。

流されやすい国民性をどうにかできるか、これもわかりませんよね。

ただ、いただいたコメントの論点のすり替えになるかもしれませんが、藤原は自分にできること「お金の知識を持ってもらって、国に頼らない人生をおくってもらう」サポートをこれからも引き続きしていこうと思います。
[2012/03/11 12:28] URL | ◆明石のFP藤原@貯金と保険をリフォームする金融建築家 #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fpfujiyan.blog.fc2.com/tb.php/507-66a12a68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。