スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
死亡保障は一体いつまで続けたらいいの?
こんにちは。1日3分お金の勉強!!

ファイナンシャルプランナーの藤原です。



今日はクリスマス・イブですねー。

我が家のサンタもプレゼントを持ってきてくれました



4歳(男)、戦隊モノに全く興味が無く、ままごと路線まっしぐら。

オトメンです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、FP藤原の幸せ貯金講座。

>>前回の記事

生命保険は「いつまで」いるのでしょう。

もちろん、必要な期間だけ準備すればよいのですが、
①死亡保障に関しては以下を参考に必要な期間を設定してみてください。

<「死亡保障」いつまでいる?>

◆住宅費
団信(団体信用生命保険)があれば考える必要なし。ない場合は住宅ローンが終了する年まで(賃貸の方は遺された人がそこに住み続けるのならば予定居住年数。適宜見直し必要。実家に戻るのであれば基本的に保障自体いりません)。

◆生活費
→子供が独立するまで(共働きの場合など)
→妻が公的年金を受け取るまで

◆子供の教育費
→子供が独立(就職)するまで

◆葬式・お墓の費用
→一生涯(人は必ず亡くなります)
*ただし、貯金で賄う準備が出来ている場合は不要


ただし、◆生活費に関しては、保険で妻の老後の生活分も含めて考えるのならば、妻の寿命(平均で86歳)まで用意する必要がありますね。ただ、公的年金もあるので②老後保障のところで詳しくご説明していこうと思います。


今日はここまでです

メリークリスマス


あさにゃんさん、画像お借りしました)




次回は『死亡保障は「万が一の時」、老後保障は「万が一なかった時」の備えです。』です。





最後までお読み下さりありがとうございました

メールでのご質問・ご相談はコチラからお願いします
人気ブログランキングへ 
ランキングに参加しています!!
ポチっと 応援お願いします
 
~必ず貯まる魔法の貯金箱をあなたに~
明石のファイナンシャルプランナー・藤原良
◆自宅事務所:〒673-0044 兵庫県明石市藤江326-1-206
◆℡:090-5063-5890  fax:078-891-6877
具体的なご相談方法を掲載しました
お客様の声、随時更新・追加中です
スポンサーサイト
[2011/12/24 22:44] | 生命保険 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
<<死亡保障は「万が一の時」、老後保障は「万が一なかった時」の備えです。 | ホーム | 幻のあの御菓子をついに頂いてしまいました。>>
コメント
藤原んちは
よい子にしとったかのぅ~♪
メリークリスマス(^O^)
[2011/12/25 01:14] URL | あさにゃん #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
おぉ!あさにゃんタクロースが来てくれたよ!
息子!起きろ~!

あ、起きちゃダメか(^-^;
[2011/12/25 01:21] URL | ◆明石のFP藤原@貯金と保険をリフォームする金融建築家 #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
メリークリスマス♪

明日起きて子どもの喜ぶ顔が楽しみだね☆
[2011/12/25 02:59] URL | 【楓】にっし~ #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
死亡保障は年々少なくてよくなっていくケースが普通だよね。でも、新たな保障を勧める人はいても、死亡保証の見直しを提案する担当者って少ないんじゃないかな?
例えば最先端医療のための保障を提案して、保険料が増える分は不要な死亡保障を減らすとかすれば、会社もお客さんも両方満足が得られる(ハッピー・ハッピーの関係)んじゃないかな?
ところで、幸大kunのままごと路線をみると、生活費のところ、夫の寿命までというのも付け加える必要ありそうだね。何しろ、ままごとが好きな幸大kunなら、将来いい専業主夫になれそうだからね。
[2011/12/25 12:53] URL | NOBURIN #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
いつもコメントありがとう。

見事大喜びw

ずっとこれで遊んでくれて楽だわ~~(#^.^#)
[2011/12/25 14:59] URL | ◆明石のFP藤原@貯金と保険をリフォームする金融建築家 #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
いつもコメントありがとうございます。

ホントのところ、死亡保障は見直し、というよりも加入する時にキッチリ専門家と話し合って契約さえしていれば、最初から無駄を省けますし効率がいいんですけどね☆⌒(>。≪)

息子、確かに主夫むいてそう・・・(~_~;)
[2011/12/25 15:03] URL | ◆明石のFP藤原@貯金と保険をリフォームする金融建築家 #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fpfujiyan.blog.fc2.com/tb.php/433-8ba1446a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。