スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
日本の化学療法の現状は・・・。
ガンをやっつけるのに
日本では次の3つの方法があります。






1.手術(切る)


2.放射線(射つ)


3.化学療法(打つ・飲む)




手術や放射線治療は最近では耳慣れた言葉ですよね。

では化学療法とは何でしょう。




いわゆる「抗がん剤治療」を指します。




あぁ、なんだ抗がん剤のことか・・・・
そんなの知ってるよ、と思った皆さん。



では手術をするプロ(外科医)や
放射線を扱うプロ(医学物理士)がいるように
抗がん剤を扱うプロもいるのはご存知でしょうか??




抗がん剤を扱うプロを「腫瘍内科医」と言います。



一口に抗がん剤治療をするといっても
外科医に抗がん剤を処方してもらうのと
腫瘍内科医に処方してもらうのでは
治療効果や副作用の大小に大きな違いが出ます。

もちろん、抗がん剤のプロである腫瘍内科医にお任せするのが
患者にとって一番治療効果があると言えます。




が、しかし。


現在の日本には
腫瘍内科医ががん患者数に対して圧倒的に不足しており、
外科医が抗がん剤治療をせざるを得ない状況です。


外科医も腫瘍内科医も同じ医師であることに変わりはありませんが、
専門分野がまるで違います。

なので外科医が抗がん剤を扱うということは
内科医が外科手術を行うくらい、ある意味怖いことなのです。


日本のがん治療のスタンダードは
まず「切る」こと。
そういう背景もあってか
日本の医師は外科医が多くなるのは仕方がないことなのかもしれません。

運よく早期発見できて
外科手術でがんを切ることができたとしても
再発の恐れは残ります。


そして運悪く再発して
切ることが難しい臓器に転移してしまった患者(再発患者)は
切ることを教育している大きな病院、つまり大学病院から転院して
その大きな病院の系列病院で、抗がん剤治療をすることになります
(場合によっては放射線治療をする場合も)。


でも、その段階で、腫瘍内科医が圧倒的に足りないので
転院した病院の外科医が結局抗がん剤治療をしているのが日本の現状です。


外科医は手術がしたいので
いわゆる不得意分野の患者を「片手間」で面倒を見ている医師もいると聞きます。
(もちろん、殆どの医師は懸命に治療をしているのは言うまでもないです)



皆さんは、ご自分やご自分の大切な方々に
「片手間」で抗がん剤を処方してほしいでしょうか?


がんは患者によって症状が千差万別です。
だから抗がん剤も用量・用法をしっかり守って処方しないと
単に副作用がきついだけで
がんは一向に小さくならない、なんてことになってしまいます。



日本の腫瘍内科医の数は現在約500人(医師数26万人中)。
アメリカは約8500人いて、うまく患者に対応できているようです。

とすると、人口比率で考えた場合、
日本には少なくともあと4000人は腫瘍内科医がいないといけません。



ただ、現実を受け止めた時
少なくとも皆さんや皆さんの大切な方ががんになった時は
その部位のがんの腫瘍内科医がいる病院で治療を受けてもらいたいのです。




そのためには
最初にがんと診断された病院で、即入院→手術することを決めてしまわないでください。
一番最初に行った病院が、一番皆さんにピッタリな病院である確率は殆どありません。


手術件数や、治療法、腫瘍内科医の有無など
事前にしっかりと情報武装してからがんと向き合う必要があります。



私のお客様には
がんになる前、つまり元気な時に
いざ、がんになっても、焦らず冷静に病院を選んでいただくために
そういった医療情報を提供しています。


月に一度、専門の勉強会に出席し
最先端の医療情報を学んでいます。

会社としても、名医のネットワークと提携し
セカンドオピニオンの精度向上に努めています。




どうか、がんで命を落としたくない方、苦しみたくない方、
元気なうちにお声をおかけいただきたいと思います。




よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
[2011/04/27 23:49] | セカンドオピニオン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<ロビン・フッド。 | ホーム | 大阪マラソン2011。>>
コメント
抗がん剤といえばきつすぎる副作用のイメージしか…><

少しでも専門知識を持った医者が増えてくれると
いいんだけどそう簡単にはできないもんねo(TωT )
[2011/04/28 10:09] URL | 【楓】にっし~ #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
日本では、医師数のコントロールがうまいこといってないような気がするよね。
大都市には病院は星の数ほどあるのに、地方に行くと病院がない。
産婦人科の先生がいないために、休診になった病院もあるしね。
内科医が不足しているのも、外科手術に頼らざるをえない一因なんだろうね。
NOBURINが万一ガンと宣告されたときにはいい先生紹介してくれる?
[2011/04/28 12:36] URL | NOBURIN #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
>【楓】にっし~さん
いつもコメントありがとう。
日本の医療の未来は健康保険財政も含めて明るくないのが正直なところだと思います。

情報武装と十分なお金が出る保険、これは必須ですね。
[2011/05/03 22:41] URL | ◆金融建築家・藤原良@命と財産を守る保険FP #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
>NOBURINさん
いつもコメントありがとうございます。

さすがNOBURINさん、詳しいですね!
もちろんNOBURINさんがガンと宣告された時は、命が助かる方法をお伝えします(^v^)
でも、そのガンにかかる前にしっかりと情報武装することと潤沢なお金が出る保険を準備する必要がありますので、まずはそれからですね!
[2011/05/03 22:44] URL | ◆金融建築家・藤原良@命と財産を守る保険FP #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fpfujiyan.blog.fc2.com/tb.php/260-bacecc79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。