FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
桑田真澄という男2。
桑田氏講演会で
氏が自身の半生を
3つの観点に絞ってお話されてました。

今回は2つ目。

それは


「試練」


この言葉自体
「つらい」「苦しい」など
ネガティブなイメージを
持つ方も多いかと思います。


桑田氏は
勉強ができなくて
野球だけが上手な小学校時代をすごしました。

小学3年生でありながら
小学6年生のチームで試合にでるようになり
それ自体はよかったのですが
先輩たちに影で相当イジメを受けたそうです。

また特待生でPL学園に入った時も
親友・清原と出会い
その実力に打ち負かされ
全く自分のピッチングが
出来なくなりました。


プロに入ってからも
度重なる怪我との闘い・・・。


桑田氏はそれらの「試練」を
なぜ見事に乗り越えることが出来たのか。


観点1の「努力」で運を引き寄せたのも
もちろん要因ですが、
氏の「試練」に対する考え方が
ポジティブだったこと。
これが最大の要因だったようです。



「試練」
という字は
「試(試す)」と「練(練習する)」
に分けることができます。


つまり
桑田氏は
「試練」とは
「練習したことを試すこと」
という解釈をしたのです。


「事実は1つ。解釈は無数」
という知ってる人は知っている格言がありますが
桑田氏は持ち前のポジティブさで
「試練」に対する
向きあい方を変えたのです。



「今、ちょっと試練が来てるけど
これは自分が今まで努力して
練習してきたことを試すいいチャンスだ」



そう思ってひたすら前を向いて進んでいったとのこと。


でも、この解釈は
なにも桑田氏だからできたのではないと思います。


私たちも
普段の生活の中で
様々な試練と対峙することがありますよね。

考え方、捉え方一つで
心がスッと軽くなる。


試練を前向きに楽しむという姿勢が
人生を切り開くポイントなのかもしれません。


ペタしてね


ランキングに参加しています。
下の各バナーorテキストを
ポチっとされると喜びます!(^^)!(1日1回で十分です)

にほんブログ村 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ


ツイッターアカウントをお持ちの方は
この記事のつぶやきにご協力いただけませんか?
Twitter「つぶやく」ボタン

ありがとうございます!また是非覗きに来てくださいね(^◇^)/



スポンサーサイト
[2010/08/27 20:56] | 日々の出来事 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<いただきました~(^^) | ホーム | 桑田真澄という男1。>>
コメント
母が、『神様は越えられない試練は与えない』とよく言っていましたが、桑田さんのは、更に前向きな捉え方ですね。

常に努力をしていないと出てこない発想だなって思わせるあたりに生き方が窺えます。
私の引き出し、空っぽだから、試すネタもないや…(^_^;
[2010/08/27 23:07] URL | しをり #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
>しをりさん
常にカラッポですよ(笑)
干からびた井戸に入ってきた一粒の水滴を、乾いてしまう前に無理やり吸い上げます。

最近ブログのネタを作るために行動してたり(笑)
[2010/08/27 23:20] URL | 金融建築家・藤原良@給付スピードNo.1を目指す保険専門FP #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
  そう言えば西武時代の清原とのKK対決ではよく打たれていたね。また、巨人が連戦連勝中に桑田投手が投げた日だけ負けて連勝ストッパーなんて言われたこともあった。
 にも関わらず、巨人のエースであり続けることができたのは前向きに考えて試練を乗り越えていったからなんだろうね。
 なかなか試練を乗り越えられないNOBURIN、やはり日頃からの練習不足が原因なんだろうなあ(ほなら努力しろってんだ)。
[2010/08/28 08:56] URL | NOBURIN #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
>NOBURINさん
常にプロ野球でのKK対決を観たときは、いつも桑田は打たれてましたよね(^-^;
でも、彼はなんか悔しいっていうよりも清々しい表情だったことも覚えてます。
また違う形で桑田がユニフォームを着て帰ってきてくれることを待ってる者の一人です。
[2010/08/28 21:24] URL | 金融建築家・藤原良@給付スピードNo.1を目指す保険専門FP #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fpfujiyan.blog.fc2.com/tb.php/113-55307090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。