FC2ブログ
戦争と平和。
毎週欠かさず観ている
テレビ番組の1つに
NHK大河ドラマ
「龍馬伝」
がありますニコニコ


学生時代に
マンガで読んでからの
龍馬ファンですが
キャスティングが良いビックリマーク


龍馬伝が始まる前に
TVドラマで
「JIN」
というのが放映されていたのですが
それにも龍馬は登場していて
その時の龍馬役は
個性派俳優・内野聖陽(まさあき)。

けっこうそれがハマり役で
福山龍馬はどうかなぁ~って
思っていたのですが
凄い良い芝居をしていますニコニコ

その他
わきを固める人物も
大森南朋(なお)や上川隆也←私が一番好きな俳優さんです。
など、演技力に定評がある役者ばかり得意げ

観ていて引き込まれます。


昨日は
その龍馬伝のあとに

「15歳の志願兵」

という番組が放映されていました。

戦時中の悲しい実話をもとにドラマ化されました。

お国のために命を差し出すことを
家族は当然のこと
当の15歳の少年自身も
本心では望んでいません。

それでも死地に赴かなければならない。。。

「早くこんな時代が終わればいいのに・・・」

こんな心の叫びが聞こえてきました。



一方、それより昔の時代を描いた
龍馬伝でも
龍馬たちは今、まさに
「日本を変える」
「世の中の仕組みを変える」
ために奔走しています。


そして
明治維新がおこり
徳川幕府が倒れるわけですが

その結果生まれた新しい政府も
次第に「戦争」という混沌へと
舵をきってしまいます。


人間の歴史は宇宙のそれに比べると
非常にちっぽけなものでしょうが
そんなちっぽけな歴史でも
多くの人を苦しめる
同じ過ちを繰り返して来たのだなと感じました。


毎年のように
この時期が来ると
戦争関連のドラマやニュースが放送されますが
日本が、世界が同じ過ちを
繰り返さないためにも
非常に大切なことだと今さらながら思いました。


ペタしてね


ランキングに参加しています。
下の各バナーorテキストを
ポチっとされると喜びます!(^^)!(1日1回で十分です)

にほんブログ村 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ

ツイッターアカウントをお持ちの方は
この記事のつぶやきにご協力いただけませんか?
Twitter「つぶやく」ボタン

ありがとうございます!また是非覗きに来てくださいね(^◇^)/




スポンサーサイト



[2010/08/16 00:21] | 日々の出来事 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<お盆休み最終日。 | ホーム | 海外で入院したら?>>
コメント
そう言えば昨日は終戦記念日記念日だったね。第二次世界大戦では多くの人が亡くなった。日本では原爆投下で多くの犠牲者が出たね。その日本は中国をはじめアジアの各地を侵略した。そこでも多くの犠牲者が出た。南京大虐殺なんかがその典型例だよね。ヨーロッパでもヒトラーによるユダヤ人虐殺がされている。 これだけ悲惨な現実を体験しながら、世界では今なお争いが絶えないよね。
特に核戦争という事態になれば、核の冬の危険性も指摘されているが世界には未だに大量の核兵器が存在する。
日本には唯一の被爆国として核廃絶を世界に呼びかけてほしいと思っているよ。まずは核兵器の使用禁止条約の締結を提案してもらいたいね。
それと次回日本でサミットを開催する時は是非とも広島でやってもらいたい。その時は日程に平和記念資料館の視察も入れてほしいと思っているよ。
[2010/08/16 18:44] URL | NOBURIN #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
>NOBURINさん

貴重なコメントありがとうございます。
私は戦争の悲惨さや核の脅威を知らずに生まれ育ってきた人間ですが、戦争を道具として使ったり、核で他国を脅したりするのは人間を、というか地球を冒涜する行為だと思います。
一日でも早く、まずは核兵器を廃絶していくようもっと政府が世界に働きかけして行ってもらいたいです。
[2010/08/16 23:13] URL | 金融建築家・藤原良@給付スピードNo.1を目指す保険専門FP #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
日本人だからこそ出来る事。世界各地へ戦争に対する発信をもっとすべき(>_<)
[2010/08/17 12:56] URL | maybe-duck #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
>maybe-duckさん
コメントありがとうございます。確かに日本にしかできないことってありますもんね(^_-)-☆
[2010/08/17 15:14] URL | 金融建築家・藤原良@給付スピードNo.1を目指す保険専門FP #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fpfujiyan.blog.fc2.com/tb.php/101-af263f6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |