スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
海外で入院したら?
●海外で入院したら?


こんにちは。1日3分お金の勉強!!

ファイナンシャルプランナーの藤原です。



先日、アメリカに旅行している
日本人観光客が
バスで観光中、交通事故で死亡するという
悲しい事件がありました。

遺族の方々には
謹んでお悔やみ申し上げます。


今回の事件を
きっかけにしてしまうのは
少し恐縮ですが、
仕事柄、海外での保険や医療費のお話
させていただきたいです。

基本的に、海外で死亡・入院した場合でも
日本で加入した生命保険や医療保険は有効です。

書類や請求手続きに
時間はかかるものの
契約通りに支払われます。


ただ、気を付けていただきたいのが
海外で入院・手術した時の医療費です。


まず、急病で倒れた時の救急車搬送代。

日本では無料ですが
海外では有料のところも。

例えばアメリカはニューヨーク。

最低でも25000円はかかります(あとは搬送距離に応じて加算)。


そして搬送後の治療費です。

盲腸などは日本とは比べられないくらい高額な医療費を請求されることもあります。

先ほどのニューヨークでは約240万円!!

欧州でも約100万円ビックリマーク


日本で盲腸の手術をした場合
平均で約40万円程度かかります。

しかし健康保険がきくので
実質負担は3割の12万円。

さらに高額療養費還付制度があるので
最終的な自己負担は8万円程度になります。


ただ、海外で一旦治療費を支払って
帰国後、健康保険から還付を受けることも可能ですが
あくまで「その疾病を日本で治療した場合の治療費」が
還付されるのみなので
この盲腸の例で言うと
結局、最終的な自己負担額は


240万(海外での治療費総額)-{40万(日本での仮定治療費)-8万(自己負担額)}

=208万円!!


凄い額ですよね。


でも、盲腸などの急病や
交通事故に遭遇した場合の怪我は
誰にも予測できません。

日本の医療保険で
海外での高額な治療費を賄おうとすると
その分保険料も高くなりますし
付帯できる一時金の限度もあります。


なので、海外旅行される際は
万一の場合に備えて

海外旅行傷害保険

への加入を検討してください。

ただ、もしかしたら
お手持ちのクレジットカードに
海外旅行傷害保険の機能が付帯されているかもしれません。

まずはそれをチェックして、
保障額が足らないと判断された時は
民間の損害保険会社のHPなどで
任意の保険にご加入されることをお勧めします。


今日はここまでです。


最後までお読みくださりありがとうございました。


ファイナンシャルプランナーの藤原でした。
















ランキングに参加しています!!お手数ですが、ポチっと応援いただけると大変嬉しいです。





ファイナンシャルプランニング ブログランキングへ









21世紀のライフプランをご提案

明石のファイナンシャルプランナー・藤原良





◆携帯からも記事が読めます





◆自宅事務所:〒673-0044 兵庫県明石市藤江326-1-206

◆Tel:090-5063-5890  Fax:078-891-6877

 Mail:fp.fujiwara@gmail.com

Facebookもやってます

具体的なご相談方法を掲載しました

お客様の声、随時更新・追加中です


『幸せ貯金講座』を、初めからご覧になりたい方はコチラ


FP藤原の「お金のクリニック」の詳細はコチラ


ブロガーさんに勝手に会おう!選手権開催中






スポンサーサイト
[2010/08/15 17:10] | 海外での保険 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。